ブログ

【蜂駆除】蜂の種類と特徴

毎年私たちにも多くの依頼をいただく蜂の巣駆除。

急にご自宅で蜂の巣を発見したら驚いちゃいますよね。

一般の方だとハチや蜂の巣を見てもどの種類かわからないと思います。

これはアシナガバチの巣?スズメバチの巣?

わからないから自分で駆除するのも怖いし、プロの業者に頼むのにも相場を調べようがないですよね。

今回はよく駆除を依頼される代表的な3種類

  • ミツバチ
  • アシナガバチ
  • スズメバチ

の性格や巣の特徴を紹介したいと思います。

性格は大人しいけど、数が多くて駆除が大変な【ミツバチ】

ミツバチは体長12mm〜20mmで、この3種類の中では一番おとなしい性格をしていて、自ら攻撃してくる事はほとんどありません。

もちろん巣を刺激したり、殺虫剤などで女王蜂を失ってしまった場合は、自衛のために攻撃をしてきます。

巣の形は平らな板のような形のものが重なって出来ていて、大きさは1mを超えるものもあります。

数が非常に多く、数千匹〜数万匹にも及びます。

巣を作りやすい場所は閉鎖的な所を好み、一般住宅だと

  • 屋根裏
  • 床下
  • 外壁と内壁との間の空間
  • 換気口の中

などに作られるケースが多いです。

たまに木の下や軒下などに巣がない状態で大量のミツバチが溜まっている時がありますが、これは分蜂(ぶんぽう)と言って引っ越し最中の家族です。

巣に新たな女王蜂が誕生すると、古い女王蜂が一定数の働き蜂を引き連れて引っ越しするという流れです。

新たに巣を作る場所が見つかると移動しますので、そこに留まり続ける事はほとんどありません。

なので生活圏でなければこの状態で発見した場合は、しばらく様子を見ても大丈夫です。

一つ気をつけたいのは近くの閉鎖的な場所を探しているため、巣を作りそうな箱などがあった場合は片付けといた方が良いです。

巣を作るときは閉鎖的な場所がほとんどな場合が多いため、駆除の際は特殊な作業になるケースが多いです。

また、数が非常に多いので他のハチと比べて作業時間が長くなる事がほとんどです。

その為、業者に頼む際は少し費用が高くなる傾向があるのと、駆除をやりたがらない、もしくは出来ないといった業者も少なくないようです。

もっとも依頼数が多い【アシナガバチ】

アシナガバチは体長11mm〜26mmで、3種類の中ではもっとも依頼の数が多い種類になります。

足がダラーっと伸びて飛んでいるのが特徴で、スズメバチに比べると動きはゆっくりです。

巣の形はシャワーヘッドのような形で、巣穴がむき出しな状態となってます。

開けた場所ならどこでも巣を作り、一般住宅だと

  • 軒下
  • 窓枠の下
  • 植栽の中
  • カーポート
  • 室外機の中
  • しばらく動いてない車のタイヤ

などに作られます。

単体で動いている時はそれほど攻撃的ではありませんが、巣に2mほど近づくと羽を動かして威嚇してきます。

その際に激しい動きをしたりすると一斉に攻撃してきます。

4月から6月初旬頃であれば、巣作りに夢中で数もそんなに多くない為、自力駆除も可能だと思います。

梅雨明けから9月頃にかけては数も多くなり、スズメバチに襲われたりする事から警戒網が広くなり、慣れていない方だと駆除は非常に危険になってきます。

駆除作業は3種類の中でも一番簡単で作業量も少ない為、安価でやってくれる業者が多いです。

危険度MAX 【スズメバチ】

スズメバチは体長17mm〜40mmで、種類によっては単体で動いていても、敵とみなした場合は攻撃してくる程、攻撃的な性格をしています。

巣の形は種類によりますが、基本的にはボールのような形をしており、穴が一つだけ空いていてそこから出入りしています。

巣の作りやすい場所や特徴も種類によって異なるため詳しくは【蜂駆除】スズメバチの種類と特徴をご覧ください。

【まとめ】蜂の種類と特徴

攻撃性巣の形巣の場所費用の傾向
ミツバチ弱い平らな板状屋根裏、床下など閉鎖的な場所やや高め
アシナガバチ強いシャワーヘッドで穴がむき出し軒下、植栽の中など開けた場所安価
スズメバチ最強ボールの形で穴が一つ空いてる種類によって異なる種類によって異なる

蜂の巣を発見した場合、危険な種類の可能性もあるため、まずどの種類の巣なのかを確認する事が大事です。

無闇に手を出してしまうと被害に遭ってしまう可能性も高くなるため、もしわからない場合は業者に頼んでみてもらう方が安全です。

もし費用面で心配な場合は、来てもらう前に大体の状況を説明をすれば、大まかな値段は伝えてくれると思います。

逆に大まかな値段も伝えてくれない業者には来てもらわない方が懸命です。

私たち駆除ラボは神奈川県を中心に、毎年2,000件近く蜂駆除を施行させてもらっていますので、もし蜂の巣や、その他の害虫被害でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせこちら または下のLINEボタンから

害虫駆除チャンネルはこちら

Instagramはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る